趣味と生きる しゅみログ

20代アラサー女の 趣味詰め合わせブログ

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期の感想・名言・主題歌についてまとめて語ってみた

 

更に向こうへ! Plus Ultra!!

(出展:アニメ 僕のヒーローアカデミア)

 

アニメ「僕のヒーローアカデミア」(通称:ヒロアカ)は、総人口の約8割が特別な能力を持つ世界で主人公の高校生・緑谷出久最高のヒーローになるまでの物語です。

 

一人ひとりが全く違う能力『個性』を持ち、それぞれの強みを活かし仲間と切磋琢磨しながら成長していくこの作品は、現時点で5期まで放送されており、2022年10月からは待望の第6期が始まる、男女問わず人気のアニメです!

 

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期の情報や感想、名言などをまとめてみました。

 

 

アニメ「僕のヒーローアカデミア」はこんな人におすすめ!

★頑張る高校生の姿が見たい人

★個性的なキャラクターが好きで、とにかく熱いアニメを見たい人

★本格的な戦闘アニメが好きな人

 

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期 情報まとめ

放送日 2016年4月3日~6月26日
話数 全13話
アニメ製作会社 Bones
出版社 集英社
掲載誌 週刊少年ジャンプ
原作者 堀越耕平

キャスト

声優

緑谷 出久:山下 大輝   爆豪 勝己:岡本 信彦
麗日 お茶子:佐倉 綾音 飯田 天哉:石川 界人
轟 焦凍:梶 裕貴    オールマイト:三宅 健太
相澤 消太:諏訪部 順一 死柄木 弔:内山 昂輝
原作 1~3巻
公式サイト

TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』

『僕のヒーローアカデミア』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期 あらすじ

超常能力“個性”を持つ人間が当たり前の世界。

憧れのNo.1ヒーロー・オールマイトと出会った“無個性”の少年・緑谷出久、通称「デク」は、その内に秘めるヒーローの資質を見出され、オールマイトから“個性”ワン・フォー・オールを受け継いだ。

 

デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し、“個性”で社会や人々を救ける“ヒーロー”になることを目指し、ヒーロー科1年A組のクラスメイトたちと共に成長していく。

 

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期 感想と見どころ

『無個性』の緑谷出久

才能あり、特別な技術あり、の主人公ではないところがヒロアカの魅力です!むしろいじめられっ子で、落ちこぼれで、総人口の約8割が持つという個性を持たない『無個性』なのが主人公の緑谷出久です。

 

天才とは違う無個性の出久だからこそ、ほかの誰よりも勉強し、体を鍛え、ナンバーワンヒーローへの憧れだけを胸に努力を続けます。「誰よりも頑張らなければいけない」と自分で言い続けている姿に親近感が湧くし、応援したくなります。

 

海辺のゴミを全部綺麗に片づけたシーンでは私自身めちゃくちゃ鼓舞されました!!

 

爆豪 勝己と緑谷出久の関係性

強くなるために必要なのはやっぱり切磋琢磨できるライバルの存在。出久と幼馴染の爆豪は切磋琢磨という感じではないけれど、、出久にとっては昔から最も身近にいて、実力の差はあれど同じヒーローを目指すライバルに近い存在だと思います。「君が凄い人だから勝ちたいんじゃないか」(参照:僕のヒーローアカデミア第1期 7話より)という出久のセリフからも、爆豪に対する出久の思いがにじみ出ています。

 

爆豪は出久とは真逆で、優れた個性も才能も持っていて自分に圧倒的な自信があります。ですがそんな自尊心の塊の爆豪は高校入学後の授業で、自分よりも秀でている同級生の存在を目の当たりにして焦り、出久にも敗北してしまうのです。

 

爆豪の初めての挫折。第8話での涙とともに覚悟を語る正門前でのシーンは、これまで嫌なヤツとして描かれてきた爆豪の人間らしい面が見え、出久と同じく爆豪も純粋にトップを目指している気持ちが強いだけなんだということが分かります。これからの爆豪の精神的な成長にも期待が膨らみます!

 

ヴィラン襲撃 USJ事件

ヒロアカ第1期での一番の事件はこのUSJ事件です。救助訓練の会場で突如として出久たちの前に現れた敵(ヴィラン)。このヴィランたちの目的は、ナンバーワンヒーローであり出久たちの通う雄英高校の教師・オールマイトを殺すこと。出久たちはヴィランによって外との連絡が途絶えた空間に閉じ込められてしまいます。

 

そんな中、1年A組の生徒たちはヴィラン一人・黒霧が持つ個性『ワープ』によってUSJ内で散り散りにされ、各々ヴィランに襲われることに。そこで見られるのは1年A組の生徒たちの訓練ではない初めての戦闘シーンです!生徒たちがそれぞれ自らの持つ個性を使い共にワープさせられた仲間と戦うシーンは、ついに始まったぁあ!!って気持ちになってワクワクします。ここでもやっぱり動揺しないで強さを見せるのは爆豪と轟君ですね!まだ高校に入学したばかりなのに頼もしすぎる。

 

そしてこのUSJ事件で大注目なのが1年A組の担任・相澤先生です!!もうここから沼の始まりです。いつもやる気なさそうなのに、やっぱりちゃんとヒーローじゃん!!生徒を守るために大人数のヴィランたちに一人で立ち向かっていく姿がかっこよすぎる~~!ボロボロになりながら、絶対に生徒たちには手を出させない!!と感じさせるような雄姿がもう普段とのギャップがありすぎて完全にファンになりました。相澤の戦う姿、ぜひ注目してほしいです!!

 

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期 心に残る名言

第3話「うなれ筋肉」 緑谷出久の名言

「他の人より何倍も頑張らないとダメなんだ」
(出展:アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期 第3話『うなれ筋肉』)

 

オールマイトから力を授かるまでの鍛錬の時間に出久が言ったセリフです。

 

人より才能も優れた個性もない出久は、みんなに追いつくためには他の人よりもっと何倍も頑張らないとダメだと自分に言い聞かせます。人と比較して落ち込んでばかりじゃなく、じゃあどうするか?みんなについていくためには、乗り越えるためにはどうしたらいいか?他の人よりも努力をすればいい。

 

そんな単純だけど難しいことを思い出させてくれる名言です!

 

第8話「スタートライン、爆豪の。」 爆豪勝己の名言

「こっからだ! 俺はこっから!!

いいか、俺はここで一番になってやる!!!」

(出展:アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期 第8話『スタートライン、爆豪の。』)

 

爆豪が涙ながらに出久に言ったセリフです。

 

自尊心が強く、実力も兼ね備えている爆豪の初めての挫折。そしてここから自分はもっと上に這い上がるんだという決意。見下していた出久に敗北し、上には上がいると感じたところから再スタートを誓う爆豪らしい力強い名言です。

 

第12話「オールマイト」 オールマイトの名言

「もう大丈夫、私が来た!」

(出展:アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期 第12話『オールマイト)

 

この一言の安心感すごい。USJ事件で相澤先生もボロボロにやられてしまって大ピンチの時に、雄英の先生たちを引き連れてオールマイトが現れたシーンでのこのセリフ、、みんなが待ってたよぉぉぉ!!って叫んだと思います。

 

ナンバーワンヒーローだからこその説得力を持つ、短くて心強い名言です!

 

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期 主題歌

オープニング曲『THE DAY / ポルノグラフィティ


www.youtube.com

 

いやいや、この曲かっこよすぎるのだが。

 

ヒロアカの主人公である出久のイメージとは少し合わないなあなんて思っていたけど、物語が進むごとにこの曲の歌詞と出久の感情がリンクしてきて、いつしかイントロだけで気持ちがグワーッって盛り上がるようになる、そんな曲です!

 

エンディング曲『 HEROES / Brian the Sun


www.youtube.com

 

この曲、出久にぴったりすぎる!!

 

一人称が『僕』なのもそうだし、出久の気持ちをそのまま歌詞にしたような曲です。ヒロアカの第1期は無個性の自分に悲しんだり、みんなとの差を実感したりして、出久にとっては精神的に苦しいスタートだったと思います。そんな出久の思いを形にした曲がこの『HEROES』です!曲名ももうヒーロー、、、!!

 

まとめ

アニメ「僕のヒーローアカデミア」第1期の感想を中心に語ってきました。

 

ヒーローを目指してここから始まる雄英高校1年A組の物語。登場するキャラクター全員が文字通り個性が強い!そんな個性的なメンバーが過ごす日常は面白おかしくて、でも授業中や戦闘シーンではしっかり決めてくれる、とてもメリハリがあるアニメです。男女問わず絶対に好きなキャラクターが見つかる作品なので、多くの人におすすめしたいです!

 

以上、出久たち雄英高校とヴィラン連合のこれからのストーリーが気になるヒロアカの第1期の感想でした!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました ^^